2019年08月07日

人間と同じようにねこちゃんも高齢になると認知症になるかも⁉️ねこちゃんの認知症の症状と予防について❣️( 京都ペットシッターモモ動物看護士のねこちゃん豆知識 )

AD56A3D1-6E58-4E69-9DB9-D3E5A6679F61.jpeg
⭐️ 京都ペットシッターモモです。ペットシッターモモは、シッターの資格だけでなく動物看護士及び介護士の資格も持ってますので、病気や高齢のねこちゃんも安心してお任せ下さい❣️

また、京都府から動物取扱責任者いの資格( 京都市登録 第150032号 保管)も持ってますので、信頼出来るシッターです❣️( 事前打ち合わせの時に必ず提示します)


( ホームページはこちらです )
http://www.pac1.jp/momo/ (ペットアシスト専用 ) 
http://momolave.p-kit.com/ (京都ペットシッターモモ) 

お気軽にお問い合わせ下さい❣️
( 連絡先 ) 090-1711-6758





⭐️ 高齢のねこちゃんは認知症になることもあるんです‼️


 認知症とは、脳に損傷を受けることによって認知機能が低下する状態のことです。


 認知症のうち、脳に老人斑と呼ばれるしみが発生し、神経細胞が変性・脱落して脳が萎縮することで、認知機能が低下するものをアルツハイマー型認知症といいます。


人間と同じように、ねこちゃんも高齢になると認知症になることがわかってきました❗️




🔵ねこちゃんの認知症の症状は以下によるものです‼️


     🔷    動きが鈍い


     🔷    寝ていることが多い


     🔷    大きな声で鳴く


     🔷    ウロウロ歩き回る


     🔷    無関心


     🔷    人やものによくぶつかる


     🔷    狭いところに入り込んで

            出れなくなる


     🔷    名前を呼んでも反応しない


     🔷    オシッコやウンチのそそう


     🔷    何度も食事を要求する



♦️  ただ、これらの症状に当てはまっても、勝手に認知症と判断しないでください。他の病気にも似たような症状があるからです。


動物病院で、検査を受けて他の病気の可能性がないとわかって初めて、認知症を疑いましょう。



♦️  すべての高齢のねこちゃんが、認知症になるわけではありませんし、もしなってしまったとしても 早い時期から適切なケアをすれば、進行を遅らせ
 ることも不可能ではありません。



✨  下記の予防方法で、快適なシニアライフを送らせてあげましょう❣️



@  適切なコミュニケーションやスキンシップで刺激を与えましょう❗️


人とのコミュニケーションやスキンシップが少なく 脳に刺激が少ないと、認知症を発症しやすいと言われています。


高齢だからといって静かに過ごさせてあげるだけでなく、声をかけたり優しくなでるなどのスキンシップやコミュニケーションは大切です。


また、高齢になると仔猫のときほどは遊びに関心を示さなくなりますが、新しいおもちゃや遊び方を開拓して適度に遊んであげましょう。



A  DHA,EPAが多く含まれたシニアフードを与えてあげましょう ❗️


認知症の人は不飽和脂肪酸が足りないというデーターがあります。


シニア用のフードの中には、不飽和脂肪酸が多く含まれたものもあります。


ただし、与える量が多すぎると黄色脂肪症という別の病気になるので、注意しましょう。


⭐️ 以上、大切なねこちゃんのために参考にして下さいね❣️





💖 長期の旅行やお里帰りやご出張の時、大切なねこちゃんやわんちゃん
のお世話は、京都ペットシッターモモにお任せください❣️


大好きなお家で京都ペットシッターモモと一緒に、のんびり快適にお留守番することが出来ます❣️  飼い主さんは、安心してご旅行やお里帰りを楽しんで来てください❗️


お出かけの時は、お気軽にお問い合わせください❣️
(   連絡先     090-1711-6758    )






💝  神経質なねこちゃんでも、寂しがりやのねこちゃんでも、その

ねこちゃんの性格をみてお世話することが、ペットシッターモモなら

出来ます。多頭飼いされているねこちゃんでも、大丈夫です。



ご旅行、お里帰り、出張、急な入院の時のねこちゃんのお世話は

京都ペットシッターモモにお任せください❣️


いつでも、お気軽にお問い合わせください

(   連絡先    090-1711-6758    )






💟  ペットシッターをご利用されたことがない飼い主さんのために、ペットシッターだからできることをお知らせ  しますね。


🔷  シッターの際に、お留守番シッター日誌を詳しく記入

      して、置いて帰りますので、お帰りになった際にすぐに

      お留守番中の様子がご確認頂けて安心です。


🔷  また、メールにて、リアルタイムのシッター報告を

      希望された場合は、書面でのシッター日誌は省くことも

      あります。メールでのシッター報告には、写真やビデオを

      一緒に送らせていただいてます。リアルタイムのメールでの

      シッター報告は、文章だけでなく、可愛いわんちゃんや

      ねこちゃんの写真やビデオが見られるので、飼い主さんから

      とっても好評です❣️ (  新しいサービスです ‼️  )



🔷  その他のお留守番サービスとして、郵便物をお部屋に

      入れたり、グリーンにお水をやったり、様々なご要望にも可能な限り応じております。


🔷  また京都ペットシッターモモは、
賠償責任団体保険(対人・対物)に加入しています。


もし万が一、業務期間中にシッターの不注意不備によって何らかご迷惑をお掛けしてしまった場合、当該保険を適応し誠心誠意、 対応させていただきます。




     
💟   京都ペットシッターモモは、介護に頑張られてる飼い主さんの

      役に少しでもたちたいと思い、見守り介護を始めました
   

   寝たきりわんちゃんをおいて、長時間出かけるのは不安です。
   

   同様に、障害があるわんちゃんも一緒です。
     
でも、どうしても出かけないといけない時、ありますよね。

   
  急いで帰ってきたら・・・・・
     ベットの中で動いてしまい、苦しい姿勢のままになっていたり、
     

オムツの中がボトボトになっていたりしてたら、かわいそうですよね。




💝  京都ペットシッターモモは、そんな飼い主さんの為に、見守り介護を始めました。

飼い主さんが出かける前に、お家にお伺いして、その日のわんちゃんの様子をお聞きして、


     飼い主さんが帰って来られるまで、わんちゃんのお世話しながら、見守ります。


飼い主さんが帰って来られたら、
      留守中の様子をお知らせして、帰るという流れです。
    

  当然、事前にお伺いして、わんちゃんの詳しい情報や、

      急な対応についても打ち合わせもさせて頂きます。
     

 飼い主さんがされてる介護を、させて頂きます。
     
 なので、飼い主さんが急いで帰る必要もないし、

      留守中のわんちゃんへの心配も軽減されると思います。





💝  わんちゃんも環境の変化がないので、ストレスが

       かからないですし。飼い主さんに少しでも心の

       ゆとりを持ってほしいと、京都ペットシッターモモは思ってます。

飼い主さんに少しでもゆとりが
       出来たら、笑顔が戻ってきます

し、わんちゃんも
       飼い主さんの笑顔が大好きだと思います。



♦️  どうしようか、迷ってられる飼い主さんがおられましたら、

      無料でご相談だけでも、お受けしてます。いつでもご連絡くださいね。





💖  最後に、京都ペットシッターモモは、シニアのわんちゃんや

     高齢のわんちゃんの介護のお世話にも力をいれています。

     わんちゃんの介護で頑張ってられる飼い主さんのお役に

     少しでもたちたいと思ってます。介護の事で、何か困った事があれば、ご連絡ください。




    
✨わんちゃん、ねこちゃんのことで困ったことがあれば、いつでもご相談ください。


飼い主さんの少しでもお役にたちたいとおもっているので、お気軽にお問い合わせください。

  (  連絡先 090-1711-6758 メール saecocoro@gmail.com. )




詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.pac1.jp/momo/ (ペットアシスト専用 ) 
http://momolave.p-kit.com/ (京都ペットシッターモモ個人) 


ペットシッターモモはペットアシストクラブの会員です。良かったらこちらもご覧ください。


image.jpeg
image.jpeg

posted by モモママさん at 10:13| Comment(0) | 京都ペットシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする