2015年11月08日

高齢犬介護の心構え

ペットシッターモモです。


高齢犬の介護者は、老化は病気ではなく、健康なわんちゃんにも必ず訪れるという受け止め方を


することが基本になります。


また老化は時間と共に進行するもので、治そうとするのではなく、付き合って行くものという


認識をもって頂きたいです。


老化の兆候は突然現れることはなく、徐々に訪れるので、高齢犬の生活の質を出来るだけ高く


維持できるよう、早めに各ステージに於ける介護計画をたて、対策を考えておくことが望ましいです。


老化に伴い体の不調が起こったときにも、年のせいと消極的になるのは禁物で、可能な治療や


適切なケアを積極的に行うことが大切になります。


老化による日常生活の支障や不自由を、早めに知恵と技法で補っていくことにより、老化の進行を


遅らせることも可能になります。


次回は高齢犬の生活の質の維持についてお話しますね。


ペットシッターモモは高齢犬の介護をご自宅で一緒にさせて頂きます。と同時に介護者さんの負担を


出来るだけ減らしてあげたいとおもってます。最後まで一緒に頑張りましょう。image.jpeg
【関連する記事】
posted by モモママさん at 14:15| Comment(0) | 京都ペットシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: